退職金や税金の計算をする情報サイト

役員、取締役の退職金の計算方法や税金記事一覧

役員になった場合の退職金は?

一般従業員から役員となった場合、退職金はどうなるのでしょうか?。この場合、退職金の扱い方は、大きく分ければ二通りあります。まず、役員になった時点で、一旦、一般従業員は退職したものと考え、就業規則上の退職金規定に従い、退職金を支給するものです。もう一つは、役員を退職した時に、一般従業員だった期間も含め...

≫続きを読む

役員退職金の相場は?

役員退職金は「役員としての貢献に対する報酬」と考えられますが、これでは抽象的な感じもします。このため、相場も把握しにくいものです。役員退職金に関する規定が無い場合、通常、退職前の報酬月額×役員在任年数×功績倍率で決められることになります。仮に、役員を退職する前の報酬月額が百万円。在任年数が40年、社...

≫続きを読む

役員の退職金はどう違うのでしょうか?

会社の中の、役員とは、どういう人たちのことでしょうか?。会社には、課長、部長などの役職がありますが、こうした人たちも、一般従業員です。それが、役員に昇格し、取締役営業部長、などの肩書きになれば、使用人兼務役員となります。使用人兼務役員とは、役員であると同時に、部長・課長その他法人の使用人としての地位...

≫続きを読む

役員だと、退職金もたんまりもらえるのでしょうか?

会社の役員を長年務め続け、退職するとなると、役員だけに、退職金もたんまり貰えるもの、と思うかもしれませんね。ところが、役員だけに、やはり世間の目もあります。最近の傾向として、中小企業でも、役員退職金に関しても、きちんと規定を設けているところが増えているようです。役員だけに、会社の上層部だけで勝手に退...

≫続きを読む

保険を有効に活用して退職金を

役員となると、雇用保険、適格退職年金、中退共・特退共、最低賃金などは、何も適用されません。また、労働基準法も適用されません。役員とは、意外と冷遇されているのですね。役員退職金となると、かなりまとまった金額を支給しなければいけません。今は、保険でまかなうのが広まっていますし、最近は、役員退職金として当...

≫続きを読む

通常の退職金と役員退職金の違いは?

不況の影響で、定年になっても、退職金がもらえない、という話も多く聞きます。一般従業員の退職金は、事業主が、就業規則・労働協約などで支給要件を決めている場合、または退職金の支払いが会社の慣行として行われている場合は、賃金に該当し、支給することが労働基準法で認められています。規則・協約なども労働基準監督...

≫続きを読む

役員の場合、退職金はすぐにもらえるのでしょうか?

一般従業員だと、退職の際、退職金は就業規則にもとづいて支給されます。ところが、役員の場合、役員を退任すれば、すぐ役員退職金が貰える、というわけではないのです。一般従業員の場合、退職制度は国の労働基準法、就業規則等で権利や保障が保全されています。これに対し、役員の退職金は、自己責任で確保しなければいけ...

≫続きを読む

役員退職金に制限があるのは何故でしょうか?

通常、退職金は在職中の仕事の対価や功労金として支払われますが、役員退職金の場合、支給の可否、支給方法、支給金額は株主総会で決議されることとなっています。ただ、実際は株主総会で取締役会に一任する旨の決議が行われることが多いようです。役員退職金に制限があるのは、役員自身が給与の決定に関与するため、利益操...

≫続きを読む

役員退職金を、保険でまかなう方法もあります。

最近は、役員退職金として利用するための役員保険が、各保険会社から出されています。身近にある小規模企業共済制度を活用し、さらに必要があれば、保険会社の保険を活用する、というのも一つの方法でしょう。退職金のための保険は、解約金があり、役員退職年齢、特にオーナー社長の退職年齢にあわせて解約するときの返戻率...

≫続きを読む

スポンサーサイト