退職金や税金の計算をする情報サイト

退職金と所得税について

所得税は、平成21年4月現在、所得金額に応じて、税率と控除額は以下のようになります。
・195万円以下=(税率)5%(控除額)0円 ・195万円異常330万円以下=(税率)10%(控除額)97,500円 ・330万円以上695万円以下=(税率)20%(控除額)427,500円 ・695万円以上900万円以下=(税率)23%(控除額)636,000円 ・900万円以上1,800万円以下=(税率)33%(控除額)1,536,000円 ・1,800万円超=(税率)40%(控除額)2,796,000円。
例えば、所得金額が500万円の場合、税額は、500万円×0.2−42万7千500円=57万2500円、ということになります。

 

ただ、退職金の所得税は、分離課税方式で、分離課税方式は、退職金の税率を独自に計算する方法で、他の所得とは区別されています。
退職金の金額から、退職金所得控除の金額を引き、さらにその金額の2分の1の金額が、所得税としてかかることになります。

 

退職所得控除は、会社の勤続年数に相当した退職所得控除額を退職金から差し引いて、残額の半分を課税対象額にすることになってます。
いずれも税率は一定で計算されるため、退職金に掛かる税額は少なくなるよう優遇されています。

 

退職金所得控除は、・勤続年数20年以下=40万円×(勤続年数)。・勤続年数20年超=800万円+70万円×(勤続年数-20年)。
最低80万円の控除があるため、80万円以下は税金がかかりません。

 

こうして見ると、退職金の所得税は、かなり優遇されていることになります。
退職金は結構まとまった金額となるので、そのまま課税されてしまうと、かなり税率が高くなってしまうためです。
このため、税の手続きはきちんと行った方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト