退職金や税金の計算をする情報サイト

パート、アルバイトでも、退職金はもらえるのでしょうか?

通常は、パートやアルバイトの場合、いくら長く勤め続けても、退職金はもらえないもの、と思いますよね。
平成20年4月1日施行の「改正パートタイム労働法」で、労働条件を明示する義務が生じるようになりました。
これにより、雇用後速やかに昇給の有無 退職手当の有無 賞与の有無を記載した文書の交付を義務付けています。
これを怠った場合、10万円以下の過料が科せられます。

 

パート労働者は、1週間の労働時間が、同じ事業所の通常の労働者の労働時間に比べて短い労働者のことを言います。
業務内容が正社員と同程度のパートタイマー労働者については、給与などの面での差別的待遇を禁止し、正社員と平等な扱いを事業主に義務付けています。
このため、正社員に対し、退職金が支給されているなら、同じくパートの労働者に対しても、退職金を支給しなければいけないことになります。

 

国も、パートタイム労働指針で、正社員とのバランスを考慮して退職金を支給するよう努力を求めていますが、実際のところ、退職金制度を設けているところは極めて少ないようです。
会社側がパートに退職金を支給したくないなら、正社員用とパートタイム労働者用に異なる就業規則を分けて作成することが必要となります。

 

パートで勤める場合、パートでも退職金がもらえるかは、パートタイム労働者用の就業規則を作成しているか。作成しているなら、その中に、退職金の規定があるか、確かめておくことです。

 

 

スポンサーサイト