退職金や税金の計算をする情報サイト

退職金は、良い制度なのでしょうか?

退職金は、たいていの企業では支払われることが多いので、ある程度の期間、勤め続けたのなら、退職金は、貰うのが当然、と思う人も多いことでしょう。
しかし、実際のところ、退職金の支給が慣例化しているのは、日本だけなのです。
現状、年金や医療制度等の脆弱さを退職金で補っているという面もあり、退職金の制度があるのは、決して喜ばしいものでもない、という認識も大事、と言う人もいるのです。

 

最近は、早期優遇退職の制度を儲ける企業もあります。
これは、企業などがリストラの一環として行なうもので、予め雇い主が、退職金の割増支給など、退職する場合の有利な条件を示すことで、雇われている側が自らの意思で退職する制度です。
2種類の形態があり、常時慣例的に行なわれるものと、企業の業績悪化のために行なわれる臨時のものとに別れます。

 

一般的に、早期優遇退職とは、常時慣例的に行なわれるものを指し、多くは一定の年齢以上の従業員全員を対象に行われます。
業績悪化に伴い実施されるものは「希望退職の募集」と呼ばれます。
この場合、会社側の業績不振を認め、例え会社で仕事を続けたくても、辞めざるを得ないような選択を強いられるケースもあるのです。

 

退職金は、そこそこ払ってあげるから、辞めてくれないか・・・?
会社から、このように申し出があれば、どのような気持ちになるでしょう?
退職金は、決して、働く側を支援するための制度、と言うわけでもないのかも知れませんね。

スポンサーサイト