退職金や税金の計算をする情報サイト

退職勧奨には、応じるべきでしょうか?

不況の影響から、従業員に退職勧奨を行なう企業が増え、世間でも問題になっていますね。
不況などで会社が苦しくなったとき、会社側が解雇を行うには、正式なルールに従って行わなければならず、場合によっては裁判となる恐れもあります。これの対策として、退職勧奨を行うことになるわけです。

 

退職勧奨に応じるかどうかは、あくまで労働者の自由な判断なので、辞める意思がなければ応じる必要はありません。
退職勧奨があった場合、まずは、その理由をきちんと問いただすべきでしょう。
その上で、会社が深刻な状態だったり、退職金の増額などの優遇措置があるのなら、応じることも検討してみることです。
また、失業保険の給付も、「自己都合」ではなく「会社都合」となり、3ヶ月の支給制限がつかず待機期間の1週間のみで給付が受けられることになります。

 

明確な理由が無く退職勧奨が続くようなら、不当な退職勧告ということになるので、労働基準監督署に相談しましょう。
ただ、不況などの影響以外にも、単に従業員の態度が気に入らないなど、個人的な感情から退職勧奨が行われるケースもあり、従業員が応じないと、社内で嫌がらせをされるなどのトラブルが生じることも結構多いみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト