退職金や税金の計算をする情報サイト

退職金と、有給休暇について

退職の際、有給休暇はどれだけ消化しているか、また、何日残っているのかも確認したほうが良いでしょう。
有給休暇の残りを消化する意味で、退職の日付よりも何日か早めから、出社しないことを申し出、会社側でも受理されるケースが最近は多いようです。
退職が決まった時点で、残っている有給休暇を消化することは、労働基準法でも定められていて、法律的にも問題はないことになります。

 

つまり、退職の際、「辞めるのに有給など与えられない」という会社は、法律違反となるわけです。
会社側がどうしても有給休暇を与えない場合、労働基準監督署に相談すると良いでしょう。

 

また、最近は、有給休暇の残りを会社側が買い取る形で、退職金に当てるケースも多いようです。
これは、給与を、日割り計算などで一日いくらと算出し、有給休暇の残りの日数分を会社側が支払う、などの形がとられます。
社内規定で退職金の規定が無い場合、会社側に、有給休暇の買取を申し出るのも一つの方法、というわけです。
ただし、有給休暇の買取は、法律で保障されたものではないので、あくまで会社との交渉次第、ということになります。

 

会社が有給休暇を買い上げても良いのは、法定の日数よりも多く有給休暇を与えている場合、その超過して与えた日数に限って認められています。
このため、会社が法定以上に有給休暇を与えていて、買い上げの制度があれば、会社に申し出ると良いでしょう。
半分買い上げ・半分は休む、という選択もあります。

 

スポンサーサイト