退職金や税金の計算をする情報サイト

契約社員は、退職金がもらえるのでしょうか?

最近は、契約社員として勤務する人も増えています。
たとえ契約社員であっても、ある程度の期間勤め続けたのなら、退職時、退職金がもらえるのでは、と思うことでしょうね。
通常は、契約社員の場合、一般社員よりも給与が高く設定されていて、その代わり、賞与、退職金は支給されない、というケースが多いものです。

 

契約社員の場合、契約内容について、雇用契約書などの書面で明記されています。
一般的には、契約社員は個別契約なので、労働条件、報酬等の基本事項はすべて契約書に明記されます。
このため、退職金についても記載されているかどうか確かめてみることです。
退職金の記載が無ければ、退職金は支給されないことになります。

 

ただ、法律の改正により、正社員(正規雇用)でなくても、同等の仕事をしている場合、待遇の差が生じてはいけないことになっています。
このため、正社員と比べ、多くの賃金の差などが出ていなく、正社員が退職金を貰っているのなら、契約社員にも退職金を支払わないといけません。
こうしたことから、退職金の権利を主張すれば、支給してもらえる可能性はあります。
ただ、会社によって異なりますが、正社員と比べ、退職金は少なめになることが多いのが実情なようです。

スポンサーサイト