退職金や税金の計算をする情報サイト

退職金は、夫婦共有のものでしょうか?

最近は、熟年離婚も増えているようです。
会社に長年勤め続けたとなると、退職金も、そこそこの金額となるでしょう。
もし、離婚となると、妻から、財産分与として退職金の半分を請求されるかもしれません。
大事な老後の資産となるはずの退職金の半分を持っていかれるとなれば、結構痛手ですね。

 

法的には、既に支給された退職金は、財産分与の対象になるとしています。
将来貰う予定となる退職金も、近い将来に受け取ることができる可能性が高い場合、財産分与の対象になるとされています。
一般的には、数年後に定年退職が見込まれる事案で分与が認められています。

 

しかし、昨今の不況の影響から、退職金が支給されないケースが多く、また、支給されるとしても、予定より金額がかなり減少されてしまう可能性が高い、というケースも多いものです。
また、夫に特殊な能力や資格があったことにより、退職金が高額となった場合、退職金の金額の半分が自動的に財産分与の対象にならない場合もあります。

 

将来、貰う予定の退職金について、財産分与の対象となるか、また、妻に支払う時期はいつなのか。
これについては、実際は、明確な見解はありません。
結局、良く話し合いを行なって決めるか、弁護士に相談するしかないようです。

スポンサーサイト