退職金や税金の計算をする情報サイト

退職金はいつ支払われるものなのでしょうか?

退職金は、通常、退職後、残りの給料の支払いのときに同時に支払われるもの、と思いがちですね。
しかし、実際は、退職が確定してから、いろいろと計算を行なわなければいけないため、通常の給与とは別に支払われることが多いものです。

 

労働基準法では「使用者は、労働者の退職の際、権利者の請求があった場合においては、7日以内に賃金を支払わなければならない」とあります。
これからすれば、退職金も賃金であり、7日以内に支払うべき、と考えられますね。

 

しかし、就業規則などに基づいて支給される退職金については、「退職者から請求があった場合、7日以内に支払わなければならない」とする規定は適用されません。
使用者には「就業規則に定める支払期日まで」に当該労働者に対して退職金を支払う義務が生じます。

 

基本的には、対象した月の翌月末か、翌々月当初に支払われることが多いようです。
退職金の支払い時期がいつかは、労働協約や就業規則で定められているので、事前に確認すると良いでしょう。
通常は、退職時に各種手続きの仕方が、総務課等の担当者から説明があるはずです。

 

会社から、資金繰りの関係で、退職金の支払いをしばらく待って欲しい、と言われるのは良くあることです。
これに関しても、就業規則などで、「退職の日から○日(か月)以内に全額支給する」などとはっきり定められている場合は、使用者には支払期日までに退職金全額を支払う義務が生じます。

スポンサーサイト