退職金や税金の計算をする情報サイト

退職金は、どのように支払われるのでしょうか?

退職金の支給方法は、たいていは一時払いで支給されますが、年金払いで支給されることもあります。
退職金の金額は会社側が決めますが、計算方法は、主に退職時点での勤続年数と、職能に応じて算定されます。
このため、勤続年数が長く、職能が高いほど高額となります。

 

退職金の金額は、企業や業種によって差があります。
これも一般的に、大手企業は支給額が高く、中小企業だと低くなります。
支給される金額は退職理由によっても異なってきます。
一般的に、自己都合の場合は低く、会社都合や定年退職の場合は高くなります。
懲戒解雇・諭旨解雇などの場合、支給額は低くなり、1円も支給されない場合もあります。

 

公務員の場合、退職手当と称されることが多く、国家公務員の場合は法律(国家公務員退職手当法)により、地方公務員は各地方公共団体の条例により退職手当の決定、計算及び支払の方法並びに退職手当の支払の時期に関する事項などが規定されています。
ただ、非常勤職員は退職手当が適用されません。
また、臨時職員の場合、1年以内でその期間が終了し、複数年勤務している場合でも年度ごとに退職・再契約を繰り返していますが、契約が終了するたびに退職手当が支給されます。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト