退職金や税金の計算をする情報サイト

退職金は、どのように計算されるのでしょうか。

いざ、退職金を貰うことになったとき、退職金は、どのように計算されるのか気になりますね。
実際は、退職金の計算方法については、特に決まりは無く、会社ごとで異なります。
退職金の計算の仕方としては、大きく分け、基本給連動型退職金とポイント制退職金との2種類があります。

 

基本給連動型退職金は、退職直前の基本給等に、勤続年数に応じた乗率をかけて退職金を算定する方法です。
これだと、会社に長く勤めるほど、基本給も乗率も増えることから、従業員の定着を促すことになる、というメリットがあります。
一方で、退職直前の基本給を基に退職金を計算するため、勤続年数が長ければ、退職金がかなり高額になる可能性があります。

 

ポイント制退職金は、勤続期間中、各年ごとに職級等に応じてポイントを積み立て、退職時に累積ポイント数に応じた退職金を算定する方法です。
この場合、基本給と無関係に退職金が決まるため、基本給の昇給は退職金に関係なくなります。

 

最近は、ポイント制の退職金制度を導入するところが増えているようです。
計算法は、(勤続ポイント+職能ポイント)の累積点×退職金単価×退職事由乗数、となります。
退職事由係数とは、自己都合退職の場合に退職金額を減じるための係数です。

スポンサーサイト