退職金や税金の計算をする情報サイト

退職金の運用方法も考えましょう

会社に長く勤めたのなら、退職金もかなりまとまった金額を受け取ることになるでしょう。
老後の生活設計のために、退職金の有効な運用計画もしっかり立てておかなければいけません。
長く勤め、定年退職となった場合、勿論開きはありますが、退職金の金額は、平均して、二千万円くらいのようです。
このうち、老後の資産運用のための資金を確保する場合、大体300万円くらいが必要でしょう。

 

海外の債券や国内株式で運用する投資信託など、じっくり検討しながら、資産運用を行うことです。
貯金としては、700万円くらい確保しておいた方が良いでしょう。
各金融機関でも、定年退職者向けの、様々な、金利面で有利な定期預金などを用意しています。
資料を取り寄せ、比較検討してみると良いでしょう。

 

上手に運用していくには、あまり思い切った投資は考えず、どちらかといえば、着実な運用を考えるべきです。
生活費、負債等、最低限必要なお金を確保した上で、株式、投資信託など、様々な資産運用の方法から、無難な利回りを考慮に入れ、小口ずつ分散投資するのが賢いやり方です。

 

金利面で有利な退職金専用商品特別金利プラン定期預金や、大口資金の運用向けの自由金利型定期預金、年金補完を目的とした資産運用商品として投資信託・年金保険などがあります。
資金計画を立てるには、豊富な経験と専門知識をもつ財務アドバイザーに相談したほうが良いでしょう。

スポンサーサイト